ホーム>イベントジャンルから探す>音楽

音楽

アフリカンエキスプレス

会場全体で歌ったり踊ったりする参加型のプログラム

  • 厚生労働省社会保障審議会推薦 児童福祉文化財
  • 文化庁本物の舞台芸術体験事業参加
  • タンザニア大使館推薦

厚生労働省社会保障審議会推薦の児童文化財に認定され、2008年度以降の文化庁「子どものための優れた舞台芸術体験事業」に参加している、究極の国際交流グループ。

民族音楽結成20年、学校公演、おやこ劇場でなどでの民族音楽公演の草分けであり、名実ともにトップレベルのグループです。
現在1500校あまりの小・中・高・養護学校やおやこ劇場、ホール公演、自治体の国際交流イベントに出演し、
また大使館と連動して全国の国際理解イベントなどでも活躍しています。
5年ごとに横浜で開催されるTCAD(アフリカ開発会議)では1年前のプレイベントから多くの依頼を受け横浜各地で広報活動に参加しています。

アフリカの伝統曲からモダンなアフリカンポップスまでレパートリーは多彩で、会場全体で歌ったり踊ったりする参加型のプログラムでとても盛り上がります。

公演の様子メンバーは、タンザニアのヒットチャートで4回NO.1になった国民的歌手フレッシはじめ、同じく同国で有名なピアニストのリスタ、セネガル国立バレエ団のトップダンサーのアブドゥなど、一流のメンバー達です。

2010年2月にタンザニアで行われたアフリカ大陸有数の音楽フェスティバル「ブサラ音楽フェスティバル」に参加。
ベストパフォーマンス賞に輝く。

日本人とアフリカ人との完璧な融合グループとして高く評価されました。
「世界は友達!」というテーマを確実に体現している唯一無二のグループです。

出演2人からのパーカッションバージョンで小さなパーティやイベント、お祭り、 6〜7人でのバンドバージョンでフェスティバル型の大きなイベントまで可能です。 商店街やショッピングモールなど、盛り上げ役として人気があります。

アフリカンエキスプレス
アフリカンエキスプレス2
エキスプレス1

 

エキスとハクナ

 

アフリカンハートビート(コンゴ民主共和国)

コンゴ伝統音楽&ダンスの強力なグループです

アフリカの中でも特に音楽が盛んで、ダンス音楽で世界的に有名な「リンガラ音楽」をはじめ、
伝統音楽でも多彩なスタイルを持つコンゴ民主共和国からやってきた、コンゴ伝統音楽&ダンスの強力なグループ。
 
リンゴマ
リンゴマ3人
リンゴマ演奏


『アフリカンエキスプレス』に続くアサンテプラン独自のアフリカ企画“第二弾”として
大いなる期待を寄せられている『アフリカンハートビート』の紹介です。

代表的なラテン楽器のコンガの原型の「ンゴマ」

カウベルの原型の「ンゴンギ」を主として

歌と踊り、時にサックス、ギターも入りブルースやジャズ、サンバのルーツなる音楽を奏で教育的にも非常に興味深い内容になっています。曲やダンスなどメニューもバラエティーに富んでいます。

コスチュームも凝りに凝っていて、孔雀の羽やコンゴの伝統的な布で作られたカラフルな衣装が何種類もあり、ステージ毎にチェンジ。メイクも派手にほどこしビジュアル的にもインパクトは絶大!
強力なビートで会場を圧倒、ダンスの参加コーナーもあり、小さい子からお年寄りまで、屋内、野外、ショッピングモールやお祭り、ファミリー向けイベントに最適です。

出演3人〜4人。

ブラジリアンフレンズ

ブラジル大使館後援のブラジル文化交流グループです。

サンバ、ボサノバの音楽をはじめカポエラ(ブラジルの伝統格闘技)コーナー、サンバダンサーも入り、一日でブラジル文化通になれるプログラムです。

カポエイラ

カポエイラ

サンバダンサー

サンバダンサー

 

アレックス

 

ホブソン

 

  

サンバダンスの参加コーナーもあります。カポエラ(格闘技のようなブラジル伝統舞踊)のみのイベントも可能です。

出演2名〜

前途洋洋(ぜんとようよう)

前途洋洋(ぜんとようよう)
ウクレレ、パーカッションとヴォーカルのほのぼのデュオ。
各地の老人施設、養護施設、ファミリーディナーショー、幼稚園などで幅広く活躍。

2014年7月、9月、2015年2月と林家木久蔵氏とのジョイントステージを展開。
アフリカの珍しい楽器の演奏などもあり、明るく・楽しく・和気あいあいの雰囲気で、とにかく楽しんでいただけるステージ。

レパートリーは昭和歌謡、童謡・唱歌・抒情歌、映画音楽、ミュージカル音楽、ハワイアン、アフリカ音楽など。
 

プロフィール

トニー山本

ウクレレ・パーカッション・カリンバ・パチカ
イギリス・ロンドン生まれ。10代よりプロのベーシストとしてメジャーシーンで活躍し、
T-スクエア、MALTA、杏里、上田正樹らと共演。
22年前に始めた学校公演のプロデュースは延べ3000校(自身の出演は1500校以上)に及ぶ。

小柴友美恵:ヴォーカル

劇団青年座俳優養成所を卒業後、ミュージカル劇団に12年所属。
帝国劇場の東宝ミュージカル「ミス・サイゴン」の初演キャスト、
「ひらけ!ポンキッキ」のサマーミュージカルツアー、東京ディスニーランドの
アトラクションの歌の収録などに参加。現在は歌やMCで幼稚園・保育園からお年寄りの施設まで幅広く活動。

ロス・ラティーノス(ペルー)

国際交流と国際理解をポイントに置いたグローバルなステージを展開

ロスラティーノス

リーダーのジョナタス・テージョが、ペルーの音楽大使として日本に招かれ、その後フォルクローレグループ「ロス・ラティーノス」を結成し、日本での本格的な演奏活動に
入りました。

日本ではNHK、BS放送をはじめ各局のTVに出演し、高校では国際交流と国際理解をポイントに置いたグローバルなステージを展開しています。

サボテンブラザーズ(メキシコ)

楽しく活気あるメキシコのマリアッチ。「ラ・バンバ」「テキーラ」等、国や民族、年代を超えて今でも多くの人達から親しまれている曲を演奏します。

サボテン

アフロクバーノス(キューバ)

2000年4月に結成。本場のキューバンリズムを繰り出す日本で唯一のキューバ人ユニット。
都内や地方でのライブ・パーティー・イベント等で人気を博しています。観客が参加しながら一緒に作っていく
アフロクバーノスのステージには、最近の打ち込み音楽にはない喜び、楽しさ、パッション、人と人との絆、幸福感があります。 キューバ音楽の力強さとキューバ人ミュージシャンがもつスイング感、愛、力、サボール(テイスト)を感じられる、元気が出るステージです。

アクロバーノス

めおと楽団ジキジキ

その名の通り「めおと」で結成されたにぎやかすっとぼけ(でも実力派!)バンドです。

ジキジキ

音楽のジャンル・国籍・時代・を超えて幅広いレパートリーで、こどもからお年寄りまで楽しめる面白音楽をお届けします。

かたやロックバンド、かたや音大出身の、ミスマッチながら本格的な演奏力と、「お笑い」が大好きな二人の掛 け合い漫才のような息の合ったトークが絶品です。

突っ走り続ける熟年ロッカーの"キスノキヨシ"と元祖「デコ弾き」宗家家元の"キスノカオルコ"の、笑いあり、涙ありの怒涛のステージを是非体験してください。

TV「誰でもピカソ」「笑点」「笑っていいとも!」「HEY!HEY!HEY!」「はなまるマーケット」
「ぶらり途中下車の旅」など多数出演。

各種パーティ、イベントの他都内や地方の寄席でも大人気です。キスノカオルコの巷で話題になっている「ピアニカのデコ弾き」は必見です!

トニーグッピー

トニーグッピー

トリニダード・トバゴ出身。

スティールパンファミリーに生まれる。
母国での「ナショナル スティールパン ソロ スキル コンテスト」で優勝。北、南、中央アメリカから、ヨーロッパの国々と、世界中で活躍しており、日本では有名なアーティストとライブやレコーディングを行っている。

スティールパンの教室も主催。
ラジオ、TVの出演も多数。ママドゥ・ドゥンビアとのデュオも好評です。
また、「アフリカンコネクション」としてコンゴのサックス奏者タブーとギターのJ・P・センセイとのトリオバンドの活動も人気です。

 
 

ママドゥドゥンビア

ママドゥドゥン

マリ共和国出身。ギタリスト、コラの奏者。

  • 1990年サリフ・ケイタのバンドメンバーとしてワールドツアー、ロスでサンタナと共演。
  • 1991年に日本に移住。
  • アルバム「YAFA」がイギリスBBCミュージックマガジン「THE BEST CDs OF 1997」に選ばれる。
  • 2000年「BIRDS」がTV「ここがヘンだよ日本人」のエンディングテーマ曲に。2008年第4回アフリカ開発会議のオープニングで天皇皇后両陛下、アフリカ諸国首脳にコラの単独演奏を披露。

現在はコラ、ンゴニなどの音楽や文化紹介のため公演やワークショップを行っている。初めて日本にコラを紹介したとして、高校の教科書にも載っている。

ギニア出身のヴォーカル、ニャマ・カンテとのコラボも好評です。

ママドゥドゥとニャマ

三四朗サックストーク

究極の癒し系サックス。

バークリー音楽院卒業後、ニューヨーク、ロンドン、パリでストリートミュージシャンとして活躍。
日本でのストリートミュージシャンの先駆者として脚光を浴び、1988年にCBSソニーよりデビュー。

5ヶ国のメンバーと「TAO」を結成、ワールドミュージックの草分けとなる。現在は演奏とプロデューサーとして
日本のみならず世界各国で活躍中。全国のおやこ劇場でも人気を博しています。

レパートリーはクラシック、ジャズ、ポップス、オリジナル曲と多岐にわたり、あたたかで極上のサウンドは、シンプルながら人の心に染み入る本物の音楽です。

ソロはもちろん、トリオバージョン(サックス、パーカッション、ベース)やボサノバデュオ(サックスとギター)、映画音楽をしっかりと聞かせる「クリオネ」 (ピアノやヴァイオリンとのアンサンブル)などの組み合わせが可能です。

 

三四朗

 

三四朗2

 

 

アメリカ

本場のアメリカのゴスペル、ソウル&リズム&ブルースバンド、ジャズバンドをお届けします。

本物ならではの迫力とノリのよさを楽しんでいただけます。

ゴスペル

ゴスペル

ジャズ

ジャズ

 

チョコラバンド(ワッシー・ヴィンセント)

三味線の新内流名取でもあるカメルーンのドラマー、ワッシー・ヴィンセント率いるアフリカ民族音楽グループです。
セネガルの強力なパーカショニスト達とともに、伝統音楽、オリジナルも含め、新しい感覚で熱く演奏します。
イベント、学校公演等で活躍中です。
TV「たけしの誰でもピカソ」に出演した次の日に、内流の弟子入り志願者がどっと増えたエピソードがあります。
 

チョコラバンド(ワッシー・ヴィンセント)

坂入姉妹

坂入姉妹のお話&童謡コンサート

坂入姉妹
幼少の頃や学校で習った童謡。
日常に聴こえる昔から伝わる童謡。

それは、大人になった今も心の琴線に触れて響きます。
そんな「心の故郷」である童謡を途絶えることなく、
全国各地でコンサートを展開しています。

プロフィール

姉・坂入恵美(さかいりめぐみ)【写真左】、妹・真紀(まき)【写真右】による姉妹デュオ。

共に東京音楽大学声楽科卒業。
その後、リトミックと音楽療法を学ぶ。
在学中より、全日本学生音楽コンクール(毎日新聞社主催)、全国童謡歌唱コンクール(テレビ朝日主催)など数々のコンクールで受賞し、コンサート活動を開始。

全国各地で幼児、児童・生徒から一般、高齢者の方を対象に「童謡コンサート」を行う他、
「童謡療法(音楽療法)コンサート」「食育コンサート」「おはなし(朗読)コンサート」「リトミックコンサート」「胎教名曲コンサート」、また、保育園・幼稚園、学校などの教育者のみなさまを対象に 講演&コンサート
「教育における童謡の大切さ」を展開中。

ロス・ラティーノス

国際交流と国際理解をポイントに置いたグローバルなステージを展開

ロス・ラティーノス

リーダーのジョナタス・テージョが、ペルーの音楽大使として日本に招かれ、その後フォルクローレグループ「ロス・ラティーノス」を結成し、日本での本格的な演奏活動に入りました。

日本ではNHK、BS放送をはじめ各局のTVに出演し、高校では国際交流と国際理解をポイントに置いたグローバルなステージを展開しています。

プログラム

プログラム例

ロスラティーノス(プログラム)
  • 太陽への道
  • 花祭り
  • コンドルは飛んでいく
  • コーヒールンバ
  • ランバダ
  • 一緒に踊ろうタイム 等

ラティーノ楽器出演者の流長な日本語の解説が付き、ダンサーがアンデスの簡単なダンスを披露いたしますので、皆さんもご一緒に踊りましょう!

ページ上部へ